聖書によるとあなたのエゴをその場所に保つ方法

人々の生活に深刻な機能障害を引き起こす主な問題の1つは、適切な場所から外れた自我を持つことです。

私たち全員がエゴを持っています。私はユニークで価値のある人であり、恐ろしくそして素晴らしく神のかたちに造られたという自己意識を持っています。そして、この世界に貢献する価値のあるものを持っています。しかし、神が私たちをどのようにしてくださったかについての自己認識が自己の重要性に変わるとき、それが「それは本当に私についてすべてです」と言う自己中心的な態度になるとき、私たち自身のバランスの取れていないエゴは私たちを奪います神が私たちの人生に与えてくださる喜びと平和の多く。



言い換えれば、私がすべて自分の中に閉じ込められている人であるなら、私は悲惨なほど機能不全の生活を送ることになります!



バランスの取れていない自我を持つことは私たちの生活の機能障害をどのように引き起こすか

1.他の人との関係に機能障害を引き起こす

私のエゴが適切な限界を超えたとき、それは私のすべての関係に負担をかけます。自己中心的で、自己中心的で、「私が一番」のタイプの人と取引することを好む人はいません。そのような態度を持つ人々を説明するために一般的に使用されるすべての単語について考えてください。誇り高く、傲慢で、思慮深くなく、思いやりがなく、失礼で、感じが悪く、立ち往生しています。すべての非常に否定的な用語。



自己中心性はおそらく他のどの単一要因よりも多くの関係を破壊します。特に結婚の場合、両方の配偶者がお互いについて同じくらい心配しているとき、パートナーはほとんど何でも一緒に向き合うことができます。しかし、その要素が欠けていて、どちらかの配偶者が他方を犠牲にして自分自身を探している場合、結婚は拷問の練習になる可能性があります。

2.自分との関係に障害を引き起こす

自分の人生の何がうまくいかないのかにすべて焦点を当てているときの状況を考えてください。私がこの人、または私を傷つけた、または私を怒らせたその人について話すのに多くの時間を費やすとき;そして、ああ、MEに何が行われたか、そして彼らがMEにどれほど配慮していないかを見てください。そして、私がそれについて考えるほど、そしてそれについて話すほど、彼らが私をどのように扱ったかによって、私はより苦くなります。私がその道を進むことを許可すると、私の感情は混乱、苛立ち、そして恨みの継続的な状態になります。



これは感情的な健康のためのレシピではありません!感情がネガティブへと下向きに渦巻くようになるほど、私の平和と喜びは消え去ります。私は永遠に不幸な人間になります。

3.神との関係に障害を引き起こす

自己中心性とそれに伴う誇りは、神との関係を混乱させます。それがすべて私についてであるなら、それは彼についてのすべてではあり得ません。しかし、宇宙の王は1人だけであり、すべての注意の中心に正しくいるべき人は1人だけです。そして、その人は私ではありません!神は神であり、その栄光を他の人と共有することはありません。



ルシファーは最も美しい天使でしたが、彼の自我は場違いになり、自分を神の立場に引き上げようとしました。それが彼が悪魔になった方法です。ジェームズ4:6は、神はプライドを積極的に抵抗しますが、謙虚さには恵みを与えます。ですから、彼と真の関係を築くためには、自分のエゴを手に入れる必要があります。

ほとんどの自我中心の人々は、彼らが

場違いの自我の顔を持つ人々の最大の障害の1つは、通常、これが自分の問題であることを認識していないことです。彼らは本当に彼らが正常なものだと信じており、問題を抱えているのは他の全員です。それで、私の自我が本当にその適切な限界を超えているかどうかをどうやって知ることができますか?

私は場外自我を持っているかもしれない5つの兆候

1.私は習慣に主に影響を与えるという観点から物事を主に見ます。

彼らがそれを認めるかどうかにかかわらず、自己中心的な人々は、それがうまくいく限り、他の人々が状況によってどのように影響を受けるかについてそれほど心配していません。境界を超えた自我を持つ人にとって、聖書の忠告に従って「自分自身の利益だけでなく、他人の利益にも注意を払う」(フィリピ2:3-4)というのは非常に難しいことです。

2.自分が頻繁に気分を害し、他の人に傷つけられていることに気づきました。

自己中心的な人々は自分自身を彼らの宇宙の中心として見るので、彼らは他の人々が言うことを解釈し、主にそれが彼らにどのように影響するかを考慮して行います。それはしばしば彼らが意図しない軽打によって気分を害する原因となります。例えば、話さずに通り過ぎる知人が自分の考えに気を取られてしまうことが、自己中心的な人には起こらないかもしれません。彼らは意図的にそれらを無視している人としてそれを受け取ります。

3.私は頻繁に人々を不信し、嫌いです。

自己中心的な個人は通常、その人の行動が自分に及ぼす影響に基づいて他の人を評価するため、他の人が自分に対して配慮を欠いていることに悩まされることがよくあります。彼らに適切な注意を払うことを怠ったり拒否したりする人々は明らかに信頼できず、好かれたり尊重されたりする価値はありません。

4.私は、自分の言うことや行うことに対する他の人の否定的な反応に、しばしば驚き、落胆します。

自己中心的な態度は私たちを自分自身に集中させ続けるので、私たちが言うことや行うこと、または私たちが示す態度だけが他の人々にどのように影響するかを完全に逃します。

多くの場合、夫または妻が結婚を辞めると、他の配偶者はショックを受けて荒廃します。彼らはそれが来るのを見ませんでした。彼らの自己中心性は、彼らが他の人の痛みに気づくことを妨げました。

5.私の考えや会話のほとんどは、私の人生の何が悪いのかと関係があります。

もちろん、自己中心的な人々は自己に没頭しています。彼らは自分たちの宇宙の中心にあり、他の人々は基本的に自分たちのニーズと欲望を満たすためにそこにいるので、他の国々が彼らのために適切な仕事をしていないとき、彼らは自然に文句を言います。

ソース

自我を適切な場所に保つ方法

エゴを適切な場所に保つにはどうすればよいですか?聖書の使徒たちは道を示していると思います。新約聖書の手紙の序文では、ポール、ピーター、ジョン、ジェームズ、ジュードはすべて、キリストの奴隷奉公人(ギリシャ語で奴隷を意味する)であると語っています。たとえば、ジェームズが手紙で自己紹介をする方法を見てください。

ジェームズ1:1 神と主イエス・キリストのしもべであるジェームズ、海外に散らばっている12の部族へ:挨拶。

ジェームズに彼が誰であるか尋ねると、彼はしもべと答えます。ピーター、パウロ、その他の使徒たちも同じです。これらのすべての人々は、生活や省庁で教会や世界に多大な影響を与えてきましたが、最初は自分たちを僕として見ました。そこには自我の問題はありません!

境界を越えた自我の解毒剤は、しもべの謙遜さです。イエスご自身が先導されました。

マタイ20:28 人の子が奉仕されるようにはならなかったのと同じように、奉仕し、彼の人生に多くの身代金を与えるために。

私が、使徒たちやイエスご自身のように、自分を召使と名付け、自分を召使いと見なし、私が人生の中で、周りの人々に仕える以上に仕えるために置かれているなら、自我を適切な範囲内に留まらせる。

これは、イエスが追随者たちを見逃さないようにしたかったことです。それで、彼はしもべの精神を持つことが何を意味するのかをグラフィックで示しました。

ヨハネ13:5 その後、洗面器に水を注ぎ、弟子たちの足を洗い、身にまとったタオルで拭き始めました。

ヨハネ13:12-15 それで彼は彼らの足を洗い、彼の衣服を取り、再び腰を下ろしたとき、彼に彼らに言った、「私があなたに何をしたか知っていますか? 13あなたはわたしを教師と主と呼び、あなたはよく言った。 14もし私があなたの主と教師があなたの足を洗ったなら、あなたもまた互いの足を洗うべきです。 15私があなたに例を挙げたので、あなたが私があなたにしたのと同じようにあなたはすべきです。

イエスは私たちが従うべき手本を与えられました。洗面器を手に取り、誰かの靴を脱いで足を洗う必要はありませんが、他人のことを考え、自分のことを考える前に彼らのニーズにどのように奉仕できるかを考えて、召使いの代わりに進んでもいいのです。

私が取ることができる実用的なステップ

  • ジェームズと他の使徒たちのように、私は自分を僕として識別する必要があります。だからといって、これから私がどんな素晴らしい召し使いになるかを他の人たちに伝えるという大きなプロダクションを作るということではありません。私の人生のこの領域で私がもっとイエスのようになりたいことは、祈りの中で神の前に来て彼に告白するのと同じくらい簡単です。 「私はしもべです」という言葉を実際に言うだけでも、人の人生において強力になる可能性があります。
  • 私はフィリピ2:3に従い、自分よりも「他の人を尊敬する」必要があります。それは私が意識的かつ習慣的に他者を優先することを意味します。たとえば、私が値するほど私を尊重していないと感じている人々を故意に敬意を払うことを意味するかもしれません。
  • 私はイエスの模範に従う必要があり、実際に人々が私に仕えるのを待つのではなく、謙虚に誰かに仕えるという仕事をします。私が契約するすべての人に、「イエスの名においてこの人にどのように仕えることができますか」と尋ねる必要があります。

召使いの心が染み付いたら、自分のエゴが狂ってしまう心配はありません。