赤ちゃんはいつ水を飲むことができますか?

ボトルからの赤ちゃんの飲料水

水は、大小を問わず、人間にとって不可欠です。ただし、特に乳児期には、多くを得る可能性があります。赤ちゃんに水を与えるのが早すぎると、悲惨な結果を招く可能性があります。

お子様の摂食を妨げる可能性があり、システムの不均衡や水中毒と呼ばれる状態が発生する可能性があります。

初めての親は、特に暖かい夏の間に、赤ちゃんがいつ水を飲むことができるのか疑問に思うことがよくあります。彼らはしばしばアドバイスを聞いたり、祖父母や他の親戚から赤ちゃんに水を与えるよう圧力をかけたりすることがあります。心配しないでください。赤ちゃんの健康、水分補給、幸せを維持するために知っておく必要のあるすべてのことを説明します。



目次

赤ちゃんはいつ水を飲むことができますか?

あなたがあなたの子供に水を与え始めるとき、あなたは注意しなければなりません。あなたが終わるまで待つことをお勧めします固形物で赤ちゃんを始めましょう、これは約6か月のマークです (1) 。固形食品は生後4か月まで提供される場合がありますが、乳児が生後6か月になるまで水を避ける必要があります。

この時点まで、赤ちゃんは水を必要としません。彼らは母乳や粉ミルクから必要な栄養と水分補給の両方を手に入れます。

水を導入する方法

一部の赤ちゃんは最初の水の味を楽しんでいるので、制限する必要があります。他の人はすぐに吐き出すかもしれないので、それを導入するのは少し難しいです。

まず、ほとんどの親はカップまたはボトルのいずれかを使用します—小さじ1杯も機能します。あなたとあなたの赤ちゃんが最も快適なものは何でも大丈夫です。ボトルただし、吸引動作に慣れているため、最初に試すのは最適です。

あなたの子供が水を飲むことに慣れたら、あなたは彼らに水を飲むように勧め始めることができますコンテナを自分で保持する。手に持ってください。ただし、完全に自信が持てるまで最後まで持ってください。

こぼれないシッピーカップあなたが独立した飲酒を奨励しているとき、それは天の恵みです。赤ちゃんはこぼさずに自分で一口飲むことができます。

水は、母乳や粉ミルクの代わりではなく、提供される追加の水分でなければなりません。言い換えれば、食事と定期的な給餌の間に水を一口飲む必要があります。水分補給がより困難になる可能性がある温暖な天候の時期には、これをさらに奨励します。

私の赤ちゃんはどれくらい持っているべきですか?

生後6〜9か月の乳児には、適度な量の水のみを提供する必要があります。彼らは水分補給を助け、味に慣れるためにほんの数口を飲む必要があります。

9〜12か月間、1日あたり約2〜4オンスを与えることができます。水分補給と消化を助けるために彼らにしっかりした食事を提供してください。

母乳または粉ミルクを与え続けます。彼らの食事を変化させてください栄養価の高い食品彼らが健康を維持することを確実にするために。

赤ちゃんが成長するにつれて、水分摂取量を増やすことができます。彼らの最初の誕生日の後、あなたはそれほど注意する必要はありません。

その時点から、あなたの幼児は1日あたり約32オンス、約4カップを飲む必要があります (2) 。食事の合間に水分摂取量を厳密に保つようにし、食事中は代わりに全乳を提供してください。

あなたはできる赤ちゃんのジュースをあげる6か月後ですが、多くの場合、砂糖が多く含まれており、栄養価がありません。たまにある軽食としては問題ありませんが、粉ミルクや母乳の代わりにはなりません。臨床診療では、私はジュースを与えることをお勧めしません。それはおやつになる可能性がありますが、食事療法の要件ではないと述べています。果物自体を食べることでより多くの栄養が得られます。私の両親の何人かは、ジュースを水とジュースのさまざまな比率で水で希釈すると言います。これはまだ必要以上の砂糖を与え、新しく噴出した歯に有害である可能性があります。
リア・アレクサンダー博士のヘッドショット、MD、FAAPリア・アレクサンダー博士のヘッドショット、MD、FAAP

編集者注:

リア・アレクサンダー博士、医学博士、FAAP

乳児に水を与えてはいけない理由

1。それは彼らのおなかを満たします

生後6か月未満の乳児に水を与えると、問題が発生する可能性があります。大きな問題の1つは、水がおなかを満たし、実際に食べなくても満腹感を感じることです。これが続くと、あなたの子供は必然的に体重が減り、栄養失調などの他の合併症を引き起こす可能性があります。

2。それは栄養素の吸収を妨げます

赤ちゃんが満腹感を感じるだけでなく、早すぎる水を与えると、赤ちゃんのシステムが混乱する可能性があります。水は、粉ミルクや母乳から得られる栄養素を体が吸収する方法を妨げます (3)

3.3。水中毒

水中毒は深刻ですが、まれにしか発生しません。これは、赤ちゃんの腎臓が水をろ過するのに十分なほど成熟していないために起こります。乳児に与えすぎると、彼らの体は必須ナトリウムを希釈し始め、残りの水でそれを排出し始めます (4)

ナトリウムは脳の活動に不可欠であるため、過剰な量を失うと気分や意識に影響を与える可能性があります。

体内のナトリウムが極端に希釈されると、組織が腫れ、赤ちゃんのシステムに干渉します。

水中毒の症状には、体温の低下、顔の腫れ、神経過敏、騒ぎ、または眠気が含まれます (5) 。深刻な水中毒は、発作、昏睡、さらには死に至る可能性があります (6)

パニックになる前に、水中毒を引き起こすにはかなりの量の水が必要であることを知っておいてください。小児科のケーススタディで見られるように、わずか90分で過剰な水分が原因となる可能性があります (7)

入浴やプールの時間帯に水分を過剰に摂取する可能性に注意してください。赤ちゃんは探索するのが大好きで、彼らにとってそれは味わうことを意味します。液体に囲まれているので、飲み込もうとするのはほとんど魅力的です。

赤ちゃんが水中で時間を過ごすときは、赤ちゃんを注意深く見守ることで、飲み込む量を制限してください。

水で調合乳を希釈する

脱水を防ぐため、または粉ミルクを長持ちさせるために粉ミルクを希釈することはお勧めしません (8) 。フォーミュラは慎重に作成されたレシピで、赤ちゃんが成長するのに必要な正しい量の栄養素が含まれています。

すべてのパケットには使用方法があり、使用する水量が示されています。さらに水を加えると、赤ちゃんは水中毒の危険にさらされます。

粉末を希釈するときは、成分も弱くなります。あなたが余分な水を加えるならば、あなたの子供は彼らが必要とするより少ない栄養素を受け取るでしょう。

処方を正確に準備するための指示に常に従ってください。問題がある場合は、子供の小児科医に連絡してください。

脱水症状の予防

よく食べて体重が増えている赤ちゃんは、通常の状況では脱水症状になる可能性はほとんどありません。脱水症状になりやすいのは、風邪、嘔吐、下痢などの病気にかかっているときです。 (9)

赤ちゃんは、病気のときに食事をしたり、食べたりすることを拒否する傾向があります。嘔吐や下痢などの症状が発生している場合、または2つが同時に発生している場合は、摂取している量よりも水分が失われています。これは脱水症のレシピであり、特に注意が必要です。

それでも、赤ちゃんに過剰な量の水を与えることは避けてください。ボトルまたは母乳と一緒に一日中少量の一口を提供します。濡れたおむつの数が少ない、泣いたときに涙が出ない、異常な倦怠感などの脱水症状に注意してください (10)

ガイダンスについては小児科医に連絡してください。彼らはあなたの赤ちゃんに次のような電解質溶液を与えることを勧めるかもしれませんペディアライトまたはInfalyte。

水の赤ちゃんが持つことができる種類

あなたの子供が生後6か月を超えると、彼らはあなたが飲んでいるのと同じ水を飲むことができます。赤ちゃんに水道水を与えることは問題ありません。粉ミルクを準備するときのように、事前に沸騰させる必要はありません。

現在、さまざまな量のフッ化物が添加された幼児用水がいくつか市場に出回っています。生後6か月までは、特別なフッ化物添加水は必要ありません。フッ化物添加されていない水道水がある地域に住んでいる場合、小児科医はおそらく年齢に適したフッ化物ビタミンサプリメントを処方します。フッ化物を過剰に摂取すると、歯が汚れる可能性があります (十一)
リア・アレクサンダー博士のヘッドショット、MD、FAAPリア・アレクサンダー博士のヘッドショット、MD、FAAP

編集者注:

リア・アレクサンダー博士、医学博士、FAAP

使用している場合赤ちゃんの粉ミルク用の蒸留水、あなたはそれを自分で彼らに与えたくなるかもしれません。ただし、毎日の水分補給には最適ではありません。

蒸留プロセスにより、すべてのミネラルと栄養素が水から取り除かれます。赤ちゃんはたまに飲むことができますが、それでも通常の水の有益な特性のいくつかが必要です。 2つのバランスをとるか、子供の小児科医に相談してください。


水は生命です

水は非常に重要ですが、生後6か月間は、飲酒を避けるのが最善です。この間、乳児に必要なのは粉ミルクか母乳だけです。

あなたの子供が固形物を食べ始めるので、あなたは6ヶ月後に水を提供し始めることができます。一日中、彼らに数杯飲んでください。

水中毒につながる可能性があるため、赤ちゃんに水を与えすぎないでください。粉ミルクや母乳を飲んでいる限り、水はそれほど重要ではありません。