赤ちゃんはいつ寝返りますか?

寝返りをしようとしている男の子

赤ちゃんが初めて寝返りをするのはエキサイティングな瞬間です—そしてしばしばあなたとあなたの両方にとって驚くべき瞬間です。しかしいつ彼らはロールオーバーする必要がありますか?もう手遅れですか?

ここでは、平均的な赤ちゃんが初めて寝返りをしたときの年齢を見ていきます。さらに、赤ちゃんが横転するのを助けるためにできることと、横転能力の欠如について心配し始める前に赤ちゃんが何歳になることができるか。

赤ちゃんはいつ寝返りますか?

赤ちゃんは早くも4ヶ月でお腹から背中に自分を押し上げることができるかもしれません。しかし、反対方向に動き、背中からお腹に押し込めるまでには、あと1、2か月かかります。



目次

赤ちゃんはいつ寝返りますか?

平均的な赤ちゃんは、最初に腹を立ててから仰向けになってから、生後約4か月です。逆に行くのは少し遅れます。あなたの子供がその方向に転がる前に5か月か6か月であっても、驚かないでください。

4か月未満の赤ちゃんが寝返りをしたり、最初に後ろから腹に転がったりすることは不可能ではありませんが、それは珍しいことです。これは、赤ちゃんが操作を実行する前に、筋肉に十分な強度を構築し、適切な調整を行う必要があるためです。

脳を意図した筋肉の動きのプロセスを発達させる必要があるのは、赤ちゃんが最初に寝返ったときに驚きをもって行動することが多い理由です。それから、彼らが何をしたか、彼らがそれをどのようにしたか、そしてそれを再びどのように行うかを自由に理解するために数回の試みが必要です。

ロールオーバーの最初の兆候は何ですか?

寝返りをするずっと前に、赤ちゃんは仰向けになって頭を持ち上げ始めます。次のステップは、ミニ腕立て伏せのように、手や前腕を押し上げることです。

赤ちゃんがこの段階になったら、片方の腕でもう一方の腕よりも強く押し、バランスを崩し、完全にひっくり返るのは時間の問題です。

赤ちゃんの寝返りを助ける方法

赤ちゃんが寝返りを打つためのモットーはこれです:眠りに戻り、おなかで遊ぶ (1)

赤ちゃんがおなかの上で床にたくさんの時間を費やすようにすることで、赤ちゃんが寝返りを打つのを助けることができます。タミータイムお子さんが背中、腹、腕、脚に必要な柔軟性と強さを構築するのに役立ちます。

赤ちゃんをきれいな腹に置きますプレイマットまたは床にタオル。それらの周りに魅力的で明るくカラフルなオブジェクトを配置します。これはあなたの子供が物事を見るために頭を向けるように促します。 1日3回3〜5分間開始し、約15分まで積み上げます。

赤ちゃんは退院前におなかを楽しむことができます。赤ちゃんをおなかの上に置くことで、おなかがお腹を下に向けて受け入れるのを助けます。これにより、後でタミータイムに抗議する可能性が低くなります (2)

赤ちゃんが寝返った後の次は?

赤ちゃんがおなかを後ろに転がした後、次のステップは再び背中からお腹に戻ります。これはより強力になり、約5〜6か月で発生します。

赤ちゃんが転がらないことをいつ心配する必要がありますか?

赤ちゃんが約6か月で寝返りをしない場合は、医師の診察を受けて、すべてが正常であることを確認する価値があります。特に、頭を持ち上げて周りを見回し、腕や手で自分を押し上げる場合は、平均の後半にいる可能性があります。

最初のロールが6か月より7か月に近いことは不明ではないため、約6か月と言います。

また、子供が転倒していたが、転倒をやめた場合、特に他の能力を失った場合は、医師に知らせることも不可欠です。

ローリングベイビーを保護するためのヒント

赤ちゃんが転がり始めたときに赤ちゃんを安全に保つために、次のことができます。

  • お子さんを放置しないでくださいおむつ交換台、ソファ、またはその他の隆起した表面。どんなに地面まで低くても。
  • 柔らかい表面や束になる可能性のあるものの上に赤ちゃんを寝かせないでください。赤ちゃんは、柔らかい表面から顔を持ち上げる力を常に持っているとは限らず、すぐに窒息する可能性があります。
  • 赤ちゃんに障害がある場合は、胃食道逆流症、または早産の場合は、床でタミータイムを開始する前に、医療専門家に確認してください。
  • タミータイム中に赤ちゃんが眠りに落ちた場合は、赤ちゃんを持ち上げて、安全な場所で仰向けに寝かせてください。

ローリングは最初のステップです

最初のロールオーバーは、あなたとあなたの赤ちゃんにとって驚くべきエキサイティングなイベントです。突然、彼らはより肉体的に受動的な新生児から、自分の力で歩き回ることができる子供に変わりつつあります。

他のマイルストーンと同様に、赤ちゃんが寝返りの平均時間枠の初期または中期にいないかどうかを心配する必要はありません。しかし、あなたの子供が7か月に近づいているか、すでに習得した転がり能力を失った場合は、その理由を医師に確認する価値があります。